茶のあるくらし―なごみ 7月号

ご報告がおくれましたが…

月刊誌「なごみ」 7月号が発売されております。

私が連載を担当させて頂いている
「描かれたいのち」
今月は、牧進先生の御作品「叢(むらがり)」について書かせて頂きました。



京都周山付近の河原で、蝶が吸水する姿を目撃され、その光景を作品にされたそうです。
作家は、その蝶が群れる姿に社会現象めいたものを感じられたとか…。
そんなエピソードをもとに、作品を語らせて頂きました。


茶道をされていない方でも、この雑誌のファンは多いとか…

見かけた際には是非お手に取ってご覧ください。


全国の書店で発売中です。



JUGEMテーマ:美術鑑賞


 

at 17:33, HarumiYasuda, アートエッセイ

-, -, - -

     

茶のあるくらし「なごみ」6月号

またまた、アップもせず…
うっかりしておりました…アセアセ

「なごみ」6月号が発売されておりますきらきら



今月は、木村武山 作 『イソップ物語』について、語りました。



二曲一双の金地屏風に描かれた、カラスとクジャクの物語。

絵画の中に盛り込まれた、ストーリーのエッセンス…
はたまた、制作風景を探ります。

全国の書店で、発売中晴れ
書棚で見かけた際は、どうぞお手に取って下さいね


JUGEMテーマ:美術鑑賞

at 09:01, HarumiYasuda, アートエッセイ

-, -, - -

     

茶のあるくらし 『なごみ』 5月号

どたばたしておりましたら、ついうっかり…

『なごみ』5月号が、先月28日に発売されております。

今月号は、池田遥邨『朧夜』を語りました。

以前このブログで、数十年ぶりにこの作品と再会した感動を描かせて頂きましたが、この美しい青い夜から生まれたファンタジーを記してみました。

書店でお見かけの際には、是非お手に取ってご覧くださいませ

そういえば…最近、
この雑誌は茶道をされる人のための専門誌だとばかりおもっていましたが、実に面白く興味深い雑誌だったんですね…と、よくお声掛けを頂きます。

文化系のご趣味を持たれる方には、興味が発展してゆく、魅力たっぷりの雑誌だと、私は思ってます。

私の周りでも、読者が増えています


JUGEMテーマ:美術鑑賞


 、

at 23:32, HarumiYasuda, アートエッセイ

-, -, - -