<< 祖母 ひろ 102歳の誕生日 | main | 京都 南座 開場式へ伺いました >>

藤田嗣治展@東京都美術館 内覧会へ

没後50年藤田嗣治展内覧会へ伺いました。



1920年代エコール・ド・パリの寵児として名を馳せた藤田は、海外で活躍する日本人画家のパイオニアでもあります。
第二次世界大戦時には、日本で作戦記録画いわゆる戦争画を多く制作し、戦後は戦争協力者として強い批判を受けて出国。
以降、日本の土を踏むことなくフランスで死去しました。
著名な人気作家でありながら、その仕事の全容を展観することは難しい…扱いにくい作家とされる中、本展の開催は、戦争記録画に対する認識が、制作した作家への個人批判から、もっと俯瞰した見方へと変化したと言えるのかもしれません。
そういった意味でも、一歩進んだ藤田嗣治研究のあらわれとして大変興味深い展覧会でした。
あのベビーパウダーが仕込んであると言われる乳白色の絵肌はやはり素敵
オススメの展覧会です!



レセプションで提供されたシャンパーニュはGH.MUMMさすがでございます


そして、帰り道には、恒例のクリーム白玉金時

at 22:15, HarumiYasuda, 展覧会

-, -, - -