縄文 一万年の美の鼓動 内覧会へ

縄文 JOMON 一万年の美の鼓動 内覧会へ。
東京国立博物館へ伺いました。



教科書でおなじみの…まるでゴーグル着用しているような遮光器土偶に
ネコ顔、ハート顔形土偶。

そして現代においてもその精巧さに魅入ってしまうような耳飾りと、
日本の「ゆるカワ」や精緻な手技の原点が展示されています。

勿論、国宝と重文の目白押し!
近年の傾向でもありますが、
考古学をアートの視点で見せる試み。
解説には土器を「官能的」と表現していたり、
考古学の方々の感覚を垣間見た思いで、興味深かったです。


この展覧会は、この後、ジャポニズムの関連イベントととしてパリでも開催されるそうです。
さて、上野は35度の超炎天下、



もう溶けそうな私達は今年初めてのかき氷。



体温が下がった感覚が気持ちよかったです…

at 13:50, HarumiYasuda, 展覧会

-, -, - -

     

ミケランジェロと理想の身体展@国立西洋美術館 内覧会へ

JUGEMテーマ:展覧会

6月18日に、ミケランジェロと理想の身体展 内覧会へ伺いました。



世界に40点しか現存しないミケランジェロの作品ですが、本展において2点が出品されます。
そのうちの1点《ダヴィデ=アポロ》が本展の目玉?。

ミケランジェロはこの作品をフィレンツェで制作し、未完成のままローマに。

そして二度と帰らないまま放置…である故、未完成。

よってタイトルが「ダヴィデ」なのか「アポロ」なのか分からないという…何とも意味深な作品です。




こちらの画像《ラオコーン》は会場撮影可能。
バチカン美術館の本家《ラオコーン》の摸刻がウフッツィ美術館に。
本作はそのまた摸刻です。
ここまでくると既ににコピーというより二次創作物ですね…


こちらも興味津々でした!

帰りに上野の美味しーいとんかつを食したのですが…
夫や息子と喋っていたら
写真撮るの忘れました(笑)
残念!

at 00:27, HarumiYasuda, 展覧会

-, -, - -

     

「西郷どん」展 内覧会へ

NHK大河ドラマ「西郷どん」展 内覧会へ伺いました。


西郷隆盛の素顔に最も近いと言われている石川静正筆の肖像画から始まり、
天璋院の打掛、
屏風絵、
西南戦争の弾丸も!

歴史の経過を現存の品々でたどる展覧会でした。

何年かしたら、明智光秀展も開催されるのかしら?
帰りに西郷さんの銅像にご挨拶。



一緒にウナギ食べたりと犬好きは確かだったらしいですけど、
やはりちょっと気になる点が多いですよね

上野公園は紫陽花が楚々として美しく…




白玉ぜんざいも美味しい

at 18:02, HarumiYasuda, 展覧会

-, -, - -