オランジェリー美術館展 横浜美術館 内覧会へ

ルノワールとパリに恋した12人の画家たち・オランジェリー美術館コレクション展 内覧会へ伺いました。


タイトルから予想するにルノワール以外はマイナーと思いきや…


セザンヌ、モネ、ルソー、マティス、ピカソ、モディリアーニと誰もが知る作家が勢ぞろい。

ギョームのコレクションという視点はありますが、

安定した展覧会でした。

本日は家族で行けたので、帰りに中華街で夕食を。


そのまま夜の氷川丸辺りをお散歩して帰宅。


この時代の作品は家族で楽しめて良いですね!

at 11:52, HarumiYasuda, 展覧会

-, -, - -

     

コートールド美術館展内覧会へ

コートールド美術館展内覧会に伺いました。

印象派、ポスト印象派の名作が揃うこの美術館は改修工事の為、現在閉館中。


よって、マネの《フォリー=ベルージュのバー》やルノワールの《桟敷席》、セザンヌやドガの傑作が日本で見れてしまいます

私はマネの最晩年傑作、このバーの作品が大好き。




ざわめき・華やかさ・ちょっと物憂げに客の注文を聞くバーメイド。
右下のワインラベルにマネのサインがあるので会場で確認してくださいね


こちらはレセプションのバーカウンター

お疲れさまでした

会場には撮影可能エリアもありました。

at 22:07, HarumiYasuda, 展覧会

-, -, - -

     

高畑勲展@東京国立近代美術館 内覧会へ伺いました

東京国立近代美術館、高畑勲展内覧会へ伺いました。



現代に求められるテーマを的中させ、しかも常に新しい技法でアニメを制作した、その手法が分析してあります。

全体の盛り上がりをどこにどの塩梅で持って行くのか…
それを決める為に、登場人物の感情変化を物語のコマ毎に色や線で図式化した手書きの作画表の数々…
制作に対する執念を感じ、興味深かったです。

高畑は何を目的にアニメを作り、それは何処へ向かうものであったか。
その辺りが「パンダコパンダ」や
「アルプスの少女ハイジ」と美しいセル画やジオラマと共に、
懐かしさに浸りながら見ることが出来ました。





見てないアニメも多かったですが、
親しみがある分、こういったアニメや漫画の企画展の中では、とても分かりやすかったです。
オススメな展覧会でした!

at 23:31, HarumiYasuda, 展覧会

-, -, - -