納涼歌舞伎 歌舞伎座表紙絵

第13回佐藤太清賞公募美術展・佐藤太清賞受賞者・西岡悠妃さんのご紹介です。
現在、歌舞伎座では、筋書(劇場プログラム)の表紙絵を若手俳優陣が大活躍する納涼歌舞伎にちなみ、
新進の日本画作家への依頼が通例となっています。

そして、今年は……彼女の作品が表紙絵に。



これから観劇される方、
既にお手元に筋書をお持ちの方、
是非ご覧になってください。

ちなみに昨年8月は第1回公募展の入選者・長谷川雅也さんでした。
皆さまのご活躍、本当に嬉しい限りです!

 

at 17:55, HarumiYasuda, 歌舞伎

-, -, - -

     

7月大歌舞伎へ

海老蔵さん休演で激震した
7月大歌舞伎を観劇してきました。



夜の部、全く喉の不調を感じさせない海老蔵さんの発声は流石でしたしたし、
13役の大奮闘…早変わりの技術は確実に進歩していて、
もはやmagicの域に。

昼の部、お父さんが休演しても一人舞台を勤めた勸玄くんの「外郎売」。

セリフも間も臆することなくもはや立派なスターでした。

初日から見ている方によると、日に日に貫禄を増しているのだとか!

将来の千両役者ぶりが楽しみ……って……その時期にも元気で観劇出来るよう、
願ってしまう年齢になっていることを自覚し愕然とした私でした

at 16:45, HarumiYasuda, 歌舞伎

-, -, - -

     

京都 南座 開場式へ伺いました

京都四條 南座 新開場式にお招き頂きました。



耐震工事で三年間休館した南座は、リニューアルを喜ぶ見物客に取り囲まれ、館内に入るのも大変!



開場式では、白鸚、幸四郎、染五郎御三方による「寿式三番叟」の舞踊あり、歌舞伎俳優の皆様勢揃いの舞台あり、そして両桟敷には舞妓さんがずらりと揃い。大変見応えのある華やかな式典でした。


式後は、南座から八坂神社まで俳優陣がパレードする「お練り」も見学。


車両封鎖された四条通りは、お練り見物客で大騒ぎ!

機動隊にパトカー、救急車、もう…あらゆる鳴り物が勢揃い。



そんな中、機動隊に対して「お兄さん、ちょいとどいてや!全然見えへん」と怒るオバサマも多数だったりして、
さすが関西?!



今後の南座、大盛り上がり間違いナシでございます!

at 13:46, HarumiYasuda, 歌舞伎

-, -, - -