7月大歌舞伎へ

海老蔵さん休演で激震した
7月大歌舞伎を観劇してきました。



夜の部、全く喉の不調を感じさせない海老蔵さんの発声は流石でしたしたし、
13役の大奮闘…早変わりの技術は確実に進歩していて、
もはやmagicの域に。

昼の部、お父さんが休演しても一人舞台を勤めた勸玄くんの「外郎売」。

セリフも間も臆することなくもはや立派なスターでした。

初日から見ている方によると、日に日に貫禄を増しているのだとか!

将来の千両役者ぶりが楽しみ……って……その時期にも元気で観劇出来るよう、
願ってしまう年齢になっていることを自覚し愕然とした私でした

at 16:45, HarumiYasuda, 歌舞伎

-, -, - -

     

京都 南座 開場式へ伺いました

京都四條 南座 新開場式にお招き頂きました。



耐震工事で三年間休館した南座は、リニューアルを喜ぶ見物客に取り囲まれ、館内に入るのも大変!



開場式では、白鸚、幸四郎、染五郎御三方による「寿式三番叟」の舞踊あり、歌舞伎俳優の皆様勢揃いの舞台あり、そして両桟敷には舞妓さんがずらりと揃い。大変見応えのある華やかな式典でした。


式後は、南座から八坂神社まで俳優陣がパレードする「お練り」も見学。


車両封鎖された四条通りは、お練り見物客で大騒ぎ!

機動隊にパトカー、救急車、もう…あらゆる鳴り物が勢揃い。



そんな中、機動隊に対して「お兄さん、ちょいとどいてや!全然見えへん」と怒るオバサマも多数だったりして、
さすが関西?!



今後の南座、大盛り上がり間違いナシでございます!

at 13:46, HarumiYasuda, 歌舞伎

-, -, - -

     

今晩は、夜の部を

JUGEMテーマ:歌舞伎

本日は、夜の部を息子と観劇して参りました。


仁左衛門丈・玉三郎丈の仁左玉コンビ復活に場内は開演前からザワついてましたハート

一幕目、お二人の悪い悪いお役柄。その魅力にゾクゾクと引き寄せられる観客の熱気が渦巻いてフンッ

二幕目、いなせな鳶の頭とあだな芸者を演じるお二人。

顔を寄せ合う度に、場内は無数のため息の嵐ハート

これからも仁左玉コンビ観たいです花束

このように気持ちが頂点まで行った後、

松也さん壱太郎さんの「滝の白糸」がありまして。

ラスト、

全ての善意が破壊される幕切れに、

真っ暗な気持ちに…

雨の降る夜の銀座を、灰色のため息をつきながら帰った私たちでした涙

息子が「順序変えてくれれば良かったのに」とポツリ。

うん、私も同感でございます…

at 22:40, HarumiYasuda, 歌舞伎

-, -, - -